>

「こんな旅館があってもいいんじゃないか?!」という想い

更新日:2017.06.13

「気兼ねなく、心地よく」をコンセプトに、従来の旅館ステイとは異なる新しいスタイルの旅館ステイを提案中ホテル八木。

 

今日は、そんなホテル八木から、不定期掲載のよもやま話をひとつ。

昨今、色々なメディアで「働き方改革」というフレーズを耳にしますが、

特にスポットが当たっているのがサービス業です。

 

サービス業は、安倍政権の掲げる「生産性向上」が急務と言われている産業でもあります。

理由としては、労働力人口の減少、これが主たる要因と考えますが、そもそもサービス業においては、「働き方改革」を本質的に理解できないと、「生産性向上」という大目標は、単なる「効率化」議論が収束しがちではないかと捉えています。

 

「生産性」の定義について調べてみると、「生産性」とは、より多くの価値(アウトプット)をより少ない労力(インプット)で生み出す力のことで、単なる比率です。

 

製造業においては、カイゼン活動に代表される、この生産性向上活動が日本の経済をけん引したと言われており、それを裾野の広いサービス産業にも!という大局は国策としては理解できます。

 

ただ、サービス産業は製造業と異なり製品が在庫できない、生産と消費が同時に行われるという特性を持っているため、それぞれの作業自体が商品であり、「働き方改革」を進めるということは、すなわち商品問題に帰結しがちであるということを十分に理解しながら改革に取り組まなければならないと思います。

 

昨今、クロネコヤマト宅急便のサービス内容、価格の見直しが取りざたされていますが、これも結局、「働き方改革」がもたらす副産物ではないかということです。

 

我々旅館業が提供するサービスも「宴会」「京風会席」「旅行代理店のすすめ」といった大量生産・大量消費時代に築かれた画一的なパッケージ商品・ニーズ商品だけでなく、お客様がまだ見知らぬ新しい価値、ワクワクするウォンツ商品の開発に腐心する必要があるのではないかと考えずにはいられません。

 

だから、ホテル八木はこう考えるんです!!

「こんな旅館があってもいいんじゃないか?!」

今後もホテル八木は挑戦を続けます。

以上、今日はちょっと小難しい話でした。

 

■代表取締役:八木一夫


大変ご好評いただいておりましたストロベリーフェアが、 少しスタイルを変えて、今冬のディナービュッフェに登場します‼   今が旬のイチゴを …

会員限定宿泊プラン

ファミリープラン/レディース宿泊プラン/ズワイ蟹1杯付プラン

ホテル八木では、会員様限定で、期間限定のプランをご用意しております。   「ファミリー宿泊プラン」 おじいちゃん、おばあちゃん、息子さんやお孫さんをお …

無料会員募集/料金カレンダー

ホテル八木をもっと気軽に、もっとお得に

ホテル八木では無料会員を募集しています。 会員様には、5大特典をはじめ、限定情報やサービス等をご案内させていただいております。   《5つの特典》 特 …

ご宿泊料金

会員料金/一般料金/子供料金

ホテル八木では、会員様料金と非会員様(一般)料金をご用意しております。 なお、お子様料金に関しましては365日同一料金(標準プラン)となっております。 詳細は、 …

web予約はどちらのサイトから予約しても料金は同じですが、
ホテル八木会員登録済みのお客様は会員価格が一番お値打ちです。

会員価格はこちらからご確認ください