驚きの調査結果!【日本人の国内旅行における旅館ニーズについて(観光庁調べ)】

更新日:2017.06.29

「気兼ねなく、心地よく」をコンセプトに、従来の旅館ステイとは異なる新しいスタイルの旅館ステイを提案中のホテル八木。

 

より身近で、気軽なスタイルに一新し、「こんな旅館があってもいいんじゃないか。」「こんな旅館が近くにあったらなぁ。」そんな想いで変わり続けているホテル八木。

 

今日は、そんなホテル八木から、不定期掲載のよもやま話をひとつ。

 

 

先日、観光庁で定期的に行われている会議の資料に目を通していたら、なかなか面白い調査報告がありました。

 

日経リサーチによるweb調査でした。(調査期間は2017年2月10日~16日)

 

日本人が旅行において最も多く利用する宿泊施設は「ホテル」とのことで、アンケート回答者の75%を占めていました。

 

アンケート回答者のうち「旅館」を利用すると答えた方は、18%でかなり少ないことがわかります。

 

「宿泊先に旅館を選ばなかった」その理由が面白いです。

 

最も多い理由が「特に理由はない」であり、その次が「値段が高い(割高に感じる)」でした。

 

「特に理由がない」。。。

 

これはかなり驚愕の結果だと思います。

 

そもそも、宿泊施設として「旅館」が思い浮かんでいない可能性があるということですよね。

 

その根拠として、旅館の数および客室数が毎年減少しているのに対し、ホテルの数および客室数は毎年増加しているからです。

 

これは、お客様の選択行動が「とりあえず、ホテル」ということであり、が故に数が増えている、その証左でしょう。

 

でも、旅館とホテルの数で言えば、まだ旅館の方がホテルの4倍近い数であり、ホテルの方が数が多いからホテルを利用しているというのも違う気がしています。(客室数にするとほぼ同数ですが。。。)

 

お客様に求められていない「商品」を、旅館はお客様に提供している??

 

旅館を選ばなかったその他の理由を見ても、やっぱり、旅館の「商品」が、もはやお客様のニーズを満たせないと考えられるかもしれませんね。

 

ちなみに、選ばなかった他の理由にはこんなものがありました。

 

・仲居さんが部屋に入ってくるのが嫌だから

・設備が古そう、快適な部屋ではなさそうだから

・団体客が多そうだから

・食事時間やチェックアウト時間に融通が利かないから

 

などなど。

 

旅館を選ばなかった理由をみると、私は声を大にしてこう言いたくなります。

 

「そんな時は、“もてなさない”のも“おもてなし”と考える宿、ホテル八木へどうぞお越しください!!」と。笑


皆さま、大変長らくお待たせしました! 冬の大人気フェア「ストロベリースイーツフェア」の開催日ならびに日帰りディナー料金が決定しましたのでお知らせ致します。 今冬 …

“Yagi de Chocolat”

チョコレートフェアinディナーバイキング

2018年12月21日までの月曜日から金曜日の曜日限定で、 秋冬のスイーツフェア“Yagi de chocolat ”をディナービュッフェの中で開催しております …

   

web予約はどちらのサイトから予約しても料金は同じです。